葉っぱ吹き出し
1/1
新緑イラスト

​患者さんやご家族の気持ちに寄り添った治療を心掛けています。

院長からのご挨拶

はじめに

 「こころ」と「からだ」の両方に治療的関与するのが心療内科、精神科の特徴です。人間関係、過労、夜勤、睡眠リズム障害などがストレスとなり、じわじわと「こころ」と「からだ」のスタミナを奪っていきます。「こころ」と「からだ」のスタミナが乏しくなると、身体症状が先ず出てきます。「こころ」と「からだ」とが密接に関連しているからです。

精神療法について

 精神療法のポイントは、自己自身のもつれた「こころ」の糸を解きほぐすことにあります。

その方法には三つのパターンがあります。

一つ目は、ただ悩みを聞く、これを数回続けるとよくなるパターン。

二つ目は、認知のゆがみの修正、環境調整をするパターン。

三つ目は、無意識の幼児期体験まで掘り下げるパターン。

 当院では、この三つの精神療法を使い分けて、患者さんに関わり、相互信頼関係の構築をめざします。

山谷 教一(院長)

医師紹介

山谷 教一(院長)

弘前大学医学部卒業

精神保健指定医

所属学会

日本精神神経学会

日本精神病理学会

日本精神分析学会

日本病跡学会

日本社会精神医学会

日本精神神経科診療所協会など

廣瀬健二(医師、月・火曜日の午前担当)

岐阜大学医学部卒

岐阜大学大学院医学研究科修了(医学博士)

国立感染症研究所 研究員

岐阜南病院 常勤医

令和2年より大垣病院、やまやクリニックに勤務

精神保健指定医

所属学会

日本精神神経学会

 
時計アイコン

​診療時間

​※休診日 /日曜日・祝日・木曜日・水曜日午後、土曜日午後

※月曜・火曜午前の診療は廣瀬医師です。

問診票アイコン

​当院について

お問い合わせ

葉の背景

お電話のお問い合わせは
​こちらから

058-277-4605

​TOP

220717622.png